【テクニカル分析】上海総合指数、2650に下落も-グッピー氏

中国株式市場の上海総合指数は最悪 2650まで下落する可能性があると、グッピートレーダーズ・ドットコ ムの創業者ダリル・グッピー氏が指摘した。チャート分析で強気のサ インを示す「カップ・アンド・ハンドル」のトレンドが途切れたため としている。

同氏は電話インタビューで、「上海総合指数は過去1週間の大半で 3000を下回って推移し、カップ・アンド・ハンドルのパターンが崩れ た可能性が高まったことを示した。指数は、より長期の下値支持線で ある2650-2700に向かって下落し続ける公算が大きくなった」と述べ た。

上海総合指数は、当局による金融引き締め懸念を背景に年初から 10%下落。1月27日に終値で約3カ月ぶりに3000を割り込み、2月 8日は前週末比0.1%安の2935.17で取引を終えた。

カップ・アンド・ハンドルは、通常2-3カ月前の上昇トレンド 後に形成され強気のサインとみられている。同氏は、このチャートパ ターンの最高水準から50%余り下落した場合は弱気のサインになる と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE