アジア株:小幅に下落、欧州の財政赤字問題で景気回復に不透明感

9日午前のアジア株式相場は小 幅下落。欧州の財政赤字が世界的な景気回復を損なうとの懸念が強 まり、金融株が下げを主導した。

オーストラリア最大の投資銀行、マッコーリー・グループは

6.4%安。2009年10月-10年3月(下期)の利益見通しが一部投 資家の失望を招いた。豪銀ウエストパック・バンキングも2.6%下 落。同国国債の保証コストの上昇が響いた。時価総額で邦銀2位の 三井住友フィナンシャルグループは値上がり。09年4-12月期の 連結純利益が前年同期比で約3倍の2478億円となった。韓国のオ ンラインゲームメーカー、NCソフトも4.6%上昇。四半期利益の 改善が好感された。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前9時47分現在、 前日比0.2%安の113.99。同指数は先月15日に付けた1年5カ月 ぶり高値から10%下げ、「調整局面」入りした。

-- Editor: Darren Boey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net; Anna Kitanaka in Tokyo at +81-3-3201-8140 or akitanaka@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE