NY原油時間外:上昇、72ドル台回復-ギリシャ問題に伴うドル下落で

ニューヨークの原油先物相場はア ジア時間9日の時間外取引で上昇し、バレル当たり72ドル台を回復 した。欧州中央銀行(ECB)がギリシャの財政赤字削減への取り組 みを支援するとの観測を背景に、ドルが5営業日ぶりに下落したこと がきっかけ。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一時、 前日比56セント(0.8%)高の1バレル=72.45ドルを付けた。シン ガポール時間午後4時2分(日本時間同5時2分)現在は72.23ドル で推移している。前日の通常取引は70セント高の71.89ドルで引け た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE