米留出油在庫:先週は150万バレル減か、寒波で-ブルームバーグ調査

ブルームバーグ・ニュースのアナリ スト調査によると、先週の米留出油在庫は寒波の影響で減少したよう だ。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の在庫統計発表を前 に、アナリスト10人を対象に実施した調査結果の予想中央値による と、2月5日終了週のヒーティングオイル(暖房油)とディーゼル油 を含む留出油在庫は前週の1億5650万バレルから150万バレル減に なったと予想されている。全員が減少を予想した。

リターブッシュ・アンド・アソシエーツ(イリノイ州ガリーナ) のジム・リターブッシュ社長は「留出油在庫は季節的要因で小幅減少し ているようだ」と述べた。

ウェザー・デリバティブズの気象予報士、デービッド・サーモン 氏は顧客向け文書で、先週のワシントン、ボルティモアでのヒーティ ングオイル需要が例年を16%上回ったほか、ニューヨークでも6%増 えた。

アナリスト予想の中央値によると、先週の製油所の設備稼働率は

77.7%と前週から変わらずの見込み。

原油在庫は前週の3億2900万バレルから150万バレル増加した ようだ。8人が増加を予想した。減少、横ばいを予想したのはそれぞ れ1人だった。

ガソリン在庫は前週の2億2810万バレルから50万バレル増加 したとみられる。5人が増加、4人が減少を予想した。ほぼ変わらず と回答したのは1人だった。

EIAは週間在庫統計をワシントン時間10日午前10時30分(日 本時間11日午後零時30分)に発表する。政府機関は8日、先週の猛 吹雪の影響が残り閉鎖された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE