日本株小幅に4日続落、薬品などディフェンシブ安い-堅調業種売り

東京株式相場は小幅に4日続落。根 強い欧州財政不安から投資家のリスク回避姿勢が継続し、医薬品や電 気・ガス、陸運など1月高値からの下げが小さかったディフェンシブ 業種に売り圧力が高まった。2月限オプションの最終売買日をあすに 控えていることもあり、全般的に持ち高調整の動きが優勢だった。

日経平均株価の終値は前日比18円92銭(0.2%)安の9932円90 銭、TOPIXは1.44ポイント(0.2%)安の881.57。東証1部の値 上がり銘柄数は570、値下がり968と全体の58%が安い。

半面、原油など国際商品価格の反発から、商社や海運など資源関 連の一角が上昇。円高の一服で自動車、電機など輸出関連株も小高く、 株価指数の下げは限定された。トヨタ自動車は午後一段高。

三井住友アセットマネジメント国内株式アクティブグループの生 永正則ヘッドは、「新興国中心に株式市場が楽観シナリオに振れ過ぎ、 テクニカル調整が必要だった」と指摘。一方で、欧州財政問題などで 株価調整はかなり進み、「欧州株や資源価格の反発は、リスクマネーの 動きに変化の兆しが出ていることを示している」と話した。

株価指数は一時的に上昇する場面もあったが、東証1部は値下が り銘柄が終始多かった。日経平均は1月高値からきょうの安値9867 円までの下落率が10%を超えて本格調整局面入りとなり、投資家の長 期的な採算ラインである200日移動平均線(9日終値時点9948円)も 2カ月ぶりに割り込んだ。指数の4日続落は約2週間ぶり。

ギリシャ警戒くすぶる

ギリシャで計画されているストライキが同国政府の財政赤字削減 への取り組みに打撃を与えるとの懸念が強まり、8日の欧州債市場で はギリシャ国債の対ドイツ国債のプレミアム(上乗せ利回り)が月初 来で最大に拡大した。また、クレジット・デフォルト・スワップ(C DS)市場では、ポルトガルとスペインを中心にソブリン債の保証コ ストが急上昇した。

大和投資信託の長野吉納シニアストラテジストは、「具体的な買い 材料がなく、足元の軟調な地合いを引きずっている」とし、欧州につ いては「経済対策が抑制的な期間がしばらく続くことで、中長期的に 景気が低迷する可能性がある」と警戒感を示している。

きょうの東京市場は、これまで下げの大きかった輸出関連や資源 関連株には反発するものが見られたが、相対的に値持ちが良かったデ ィフェンシブ関連株や内需株が崩れた。日経平均が1月15日に今年の 高値1万982円を付けた後、前日までの東証1部33業種の騰落状況を 見ると、電気・ガス、医薬品、情報・通信、陸運、食料品などの下落 率が5%以下で、10%以上下げた輸送用機器、証券、鉄鋼などに比べ て底堅さを見せていた。

日経225オプションの特別清算値(SQ)算出に伴う売買最終日 をあすに控え、先物主導で株価指数が動く場面もあった。GCSAM の佐藤博最高投資責任者(CIO)によると、「全般的にプット(売る 権利)が優勢だったため、SQ前に利益確定の動きも出やすい。先物 中心に仕掛け的な売買の混在が相場を見づらくしている」という。

投資対象は転換点接近を示唆

一方、為替市場での円高傾向の一服、短期的な下げ過ぎ感、企業 業績の好調などから株価指数の下げ幅は小幅だった。日経平均はきの う時点で投資家の短期的な売買コストの25日移動平均線を5.7%下回 り、短期的な売られ過ぎとされるマイナス5%を超す状況だった。

三井住友アセットの生永氏は「今・来期の増益まで考えると、日 本株はPBR(株価純資産倍率)が1.2倍と下げ余地が少ない所まで 株価が調整した」と強調。相場の反発場面で上がりやすい景気敏感、 市場全体と連動しやすい業種が上げた半面、ディフェンシブ業種が下 げたのは、「相場の転換点が近いと見た市場心理の表れ」としていた。

個別では、航空座席製造をめぐる不正で国土交通省から業務改善 勧告を受けた子会社の小糸工業の影響で、小糸製作所が大幅安。業績 予想の上方修正は想定の範囲内で、来期は原料安効果も一巡するとシ ティグループ証券が指摘したカネカ、過年度決算の訂正を行うJV C・ケンウッド・ホールディングスは東証1部の下落率上位。2009年 4-12月期の連結営業利益が前年同期比21%減のHOYAは3日続 落。

半面、10年3月期の利益予想を増額修正し、JPモルガン証券が 投資判断を上げた古河電気工業が大幅高。今期の赤字幅が縮小する見 込みで、大和証券キャピタル・マーケッツが来期営業損益は黒字が予 想されるとしたアルパインは急騰した。10年3月期の営業利益予想を 引き上げたリンナイは3日ぶりに反発。業績予想の増額と増配が評価 された大林道路は東証1部値上がり率1位だった。

新興市場は高安まちまち

国内新興3市場は高安まちまち。ジャスダック指数の終値が前日 比0.3%高の49.56と5日ぶりに反発。東証マザーズ指数は0.2%安の

386.48と5日続落し、大証ヘラクレス指数は0.5%安の553.78と3日 続落した。

4-12月期の連結営業利益が通期計画を上回ったドリコムが値 幅制限いっぱいのストップ高。発行済み株式総数の1.2%相当の80万 株を上限に自己株を取得する第一興商が3日続伸、入居率上昇から野 村証券が目標株価を引き上げたメッセージは4日ぶりに反発した。売 買代金上位ではジュピターテレコム、アドウェイズ、日本通信が高い。

半面、4-12月期の連結営業利益が前年同期比20%減だったフュ ートレック、09年12月期の営業利益が従来予想を下回ったもようの ビリングシステムはそれぞれ急反落。売買代金上位ではザインエレク トロニクス、ACCESS、ベクターが安い。

--取材協力:近藤 雅岐 Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川 敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE