スペインとポルトガルの国債保証コストが過去最高更新(Update1)

8日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、ポルトガルとスペインを中心にソブリン 債の保証コストが急上昇した。欧州各国政府が財政赤字を減らすため 歳出削減に苦しむとの懸念が高まった。

CMAデータビジョンによれば、スペイン国債のCDSスプレッ ドは4.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、171bp。 ポルトガル国債のCDSスプレッドも15bp上昇の242bpとなり、 いずれも過去最高を更新した。ギリシャ国債のCDSスプレッドは

12.5bp上昇の420bp。先週は過去最高の428bpを記録していた。

ドイツ銀行の基本戦略担当責任者、ジム・リード氏(ロンドン在 勤)は投資家向けのリポートで、「欧州連合(EU)による救済の可能 性がますます高まっており、それまで市場は落ち着きそうにない」と 述べた。

欧州のソブリン債危機で企業や金融機関にも悪影響が及ぶとの懸 念が広がり、欧州の社債や金融機関債を保証するコストの上昇に拍車 が掛かっている。

ウニクレディトのクレジットストラテジスト、フィリップ・ギス ダキス氏(ミュンヘン在勤)は「ギリシャをめぐる懸念が最も切迫し、 かつ深刻だ」と指摘。「同国が自力で財政危機を解決する意思があり、 また解決できるとは誰も信じていない」と語った。

-- Editor: Michael Shanahan

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 記事に関する記者への問い合わせ先: Abigail Moses in London at +44-20-7673-2118 or Amoses5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Armstrong at +44-20-7330-7185 or Parmstrong10@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE