欧州株:総じて上昇、ギリシャ支援観測強まる-スウォッチに買い

欧州株式相場は総じて上昇。投 資家の間で欧州連合(EU)がギリシャの財政問題を支援するとの 観測が広がったほか、スイスの時計メーカー、スウォッチ・グルー プの予想を上回る決算が好感された。スイスの銀行UBSは下落し た。

ギリシャ国立銀行が上げをけん引、ギリシャ株は2カ月ぶりの 大幅高を記録。スウォッチは4.8%上昇した。

一方、UBSは下落。富裕層顧客からの資金引き揚げが急増し ていることを明らかにしたのが嫌気された。フランス最大の不動産 投資信託、ウニベイル・ホールディングも下落。同社は今年の利益 増はほとんど見込めないと述べた。

ダウ欧州600指数は前日比0.1%高の239.19で引けた。騰 落比率は3対2。

CCLAインベストメントツのジェームズ・ビーバン最高投資 責任者(CIO)は「調整が入ったらそれは買いの好機だ。高いキ ャッシュフロー利回りや健全なバランスシート、強力なビジネス機 会に恵まれている企業が多く存在する」と述べた。

ギリシャ国立銀行

ギリシャ国立銀行は7%高。4日続落から反発した。EUの行 政執行機関である欧州委員会の経済担当委員に10日付で就任する オリ・レーン氏は、欧州株式市場の引け後に「われわれの支援を受 けるにあたり、ギリシャは必要な措置を講じる必要がある」と指摘。 「この問題に関しては今後数日内に深く議論されるだろう。われわ れは広義での支援について話し合っている。現時点では具体的な話 はできない」と述べた。

UBSは5.4%安、終値ベースで昨年7月以来の安値に落ち込 んだ。同銀の2009年10-12月(第4四半期)決算は過去1年余 りで初の黒字となったが、富裕層顧客からの資金引き揚げが加速し たことを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE