トヨタ:豊田社長の訪米検討、リコール問題の事態鎮静化で-毎日

一連の自主改修・リコール問題で、 トヨタ自動車が事態の沈静化を図るため豊田章男社長の渡米を検討して いる、と毎日新聞朝刊が9日報じた。豊田社長は5日に問題発覚後初め て日本で会見したが、説明に具体性を欠いたなどとして米国での批判が 静まる気配はなく、10日(現地時間)の米議会下院の公聴会後に最終的 に判断すると毎日は伝えている。取材源は示していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE