米国株:下落、ダウ平均1万ドル割れ-欧州財政問題で(Upate1)

米株式相場は下落し、ダウ工業株 30種平均は昨年11月以来初めて1万ドルを割り込んで終了した。 欧州の財政悪化により景気回復が阻害されるとの懸念が強まった。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)やアメリカン・エキスプレス は大幅安となり、ダウ工業株30種平均の下げの中心となった。電子 取引所を運営する米ナスダックOMXグループも値下がりし、S&P 500種株価指数の下落率トップ。同社発表の営業費用見通しが、一 部アナリスト予想を上回ったことが嫌気された。

一方、家庭用品小売りのホーム・デポやネット検索最大手のグー グルは高い。アナリストによる両社の投資判断引き上げを好感した。

S&P500種株価指数は前週末比0.9%安の1056.74。ダウ 工業株30種平均は103.84ドル(1%)下落の9908.39ドル。 ニューヨーク証券取引所の騰落比率は1対3。

ホランド(ニューヨーク)で40億ドル以上の資産運用を監督 するマイケル・ホランド会長は、「リスク回避の動きがみられる」と 指摘。「米国では好調な経済指標や企業業績のデータが示されている ものの、欧州の不確実性がこれを相殺した。投資家は引き続き用心が 必要だ。今週の相場はほぼ変わらずで推移か、もしくは下落しても驚 きではない」と述べた。

米株式相場は先週、週間ベースでは昨年7月以来最長となる4週 連続の下落となった。

欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は、ギリシャが2012 年までに財政赤字を欧州連合(EU)基準の対国内生産(GDP)比 3%以下に削減することを確信していると述べた。

G7会合

フランスのラガルド財務相は6日、カナダのイカルウィットで開 催された7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後の記者会見で、 「G7に参加した欧州のメンバーはギリシャの財政再建計画達成を期 す」と語った。

カナダのフレアティ財務相は「われわれが互いに約束した景気 刺激策を継続するとともに、より持続可能な財政方針へと移行する 出口戦略の検討に着手する必要がある」と述べた。

出口戦略

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は10日の下院 金融委員会の公聴会で、FRBが講じた緊急刺激策からの出口戦略に ついて証言する。同委員会がメンバー議員にあてたメモで明らかにな った。

ガイトナー米財務長官は7日に放映されたABCニュースとのイ ンタビューで、米国は「Aaa」格付けを失う危険性はないとの認識 を示した。

金融株が安い

S&P500種の金融株指数は2.2%安。セクター別10業種中 の値下がり率トップとなった。米銀のJPモルガン・チェースは

1.6%安。BOAは3.5%値下がり。アメリカン・エキスプレスは

2.8%下げた。

ナスダックは4%安。同社は一時費用を含めた2010年の営業 費用が8億6500万-8億8500万ドルになるとの見通しを示し、 一部アナリスト予想を上回った。

ホーム・デポは2.2%高。モルガン・スタンレーは同社の投資 判断を「イコールウエート」から「オーバーウエート」に引き上げた。 グーグルは0.4%値上がり。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE