NY銅先物:4営業日ぶりに反発-中国の需要安定の兆候を好感

8日のニューヨーク銅先物相場 は4営業日ぶりに反発。世界最大の銅購入国である中国での需要安 定の兆候が示され、安心感が広がった。

ロンドン金属取引所(LME)が指定するアジア地域の倉庫在 庫はこの日で12営業日連続の減少と、昨年5月以来最長の縮小局 面となった。世界経済の回復ペースが鈍化し、原材料需要が抑制さ れるとの観測を背景に、銅相場は5日終了週までの4週間で16% 下落している。

USグローバル・インベスターズ(サンアントニオ)で運用に 携わるブライアン・ヒックス氏は「最近はやや下落していたが、わ れわれは中国のような地域での力強い需要という長期的な図式に注 目している。依然として銅価格の上昇を見込んでいる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅 先物相場3月限終値は、前週末比5.55セント(1.9%)高の1ポン ド=2.913ドルと、中心限月としては1月19日以来の大幅高とな った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE