トヨタのリコール関連損失、1800億円の予測上回る-米弁護士

世界最大の自動車メーカー、トヨタ 自動車はトヨタ車が急加速する不具合の発生で、製品保証と販売減少 に伴う損失を20億ドル(約1800億円)と見積もっていたが、米国の ユーザーによる訴訟が相次いでいるため、リコール(無料の回収・修 理)関連コストは当初の予想を上回る見通しだ。ユーザー側の複数の 弁護士が指摘した。

米国のユーザーがトヨタにさまざまな損害賠償を求めて起こした 集団訴訟は少なくとも34件に上る。同社はこのほか、意図しない加速 が原因で起きたとされる死亡ないし負傷事故に関する12件以上の訴 訟を抱えている。ユーザー側の弁護士らは、さらに数十件の提訴を検 討していると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE