商品相場は「買いの好機」、最近の下げは一過性のもの-モルガンS

米モルガン・スタンレーの商品リ サーチ責任者、フセイン・アリディナ氏は、先週の商品相場の下落 はドルの上昇によるものであり、2010年も原材料は「投資先として 人気を集める」との見方を示した。

商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB指数は先週、 昨年10月以来の安値に下落。アリディナ氏は8日にドバイで開かれ た会議に出席し、この下げは「買いの好機」だと述べた。

同氏は「最近見られた商品下落は一過性のものだろう」と述べ、 「これは一般的なリスク軽減であり、リーマン崩壊時と同様の下げ ではない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE