米ナスダックOMX:10-12月23%増益、経費削減などで

電子取引所を運営する米ナスダッ クOMXグループの2009年10-12月(第4四半期)決算は、前年 同期比23%増益となった。経費削減に加え、一部顧客に対する取引 手数料引き上げが寄与した。

8日の発表資料によると、純利益は4300万ドル(1株当たり 20セント)と、前年同期の3500万ドル(同17セント)から増加。 一部項目を除いたベースの調整後1株当たり利益は46セントとなっ た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト19人の予想平 均は45セントだった。

ナスダックは約5000万ドルの一時費用を含めた2010年の営業費 用が8億6500万-8億8500万ドルになるとの見通しを示した。09 年の実績は8億5000万ドルと、昨年11月時点の予想レンジの上限 だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE