元ECBイッシング氏:ギリシャ救済、EUよりIMFが適任-NYT

欧州中央銀行(ECB)の元理事 (チーフエコノミスト)、オトマー・イッシング氏は、ギリシャを救 済するのには欧州連合(EU)よりも国際通貨基金(IMF)が適 任だとの考えを示した。米紙ニューヨーク・タイムズとのインタビ ューで語った。

6日付けの同紙の記事によると、イッシング氏は「EUは、必 要な措置を強制することができないと思う。ギリシャがIMFに支 援を求める方が良いだろう。十分に厳しい条件を課すことができる のはIMFだけだ」と語った。ドイツやその他の国からの事実上、 税金を使った救済は考えにくいと付け加えた。

また、ユーロを離脱することはギリシャにとって「経済的な自 殺行為」だと指摘する一方で、それによってユーロ圏に悪影響が及 ぶという考えは間違っていると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE