NY原油時間外:7週ぶり安値から上昇、72ドル台前半-ヘッジ需要増

ニューヨーク原油先物相場はロンド ン時間8日午前の時間外取引で上昇し、バレル当たり72ドル前半と なっている。株式相場の上昇に加え、ドル下落でインフレヘッジとし ての需要が高まったことを背景に、7週間ぶり安値から反発した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一時、 前週末比1.20ドル(1.7%)高の1バレル=72.39ドルを付けた。 ロンドン時間午前9時9分(日本時間午後6時9分)現在は同1ドル 高の72.19ドルで取引されている。5日は2.7%安の71.19ドルと、 昨年12月15日以来の安値で引けていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE