香港株(終了):ハンセン、5カ月ぶり安値-チャルコとICBC安い

香港株式相場は3営業日続落し、指 標のハンセン指数が5カ月ぶり安値で引けた。中国が経済成長を抑制 する措置を取るとの懸念がくすぶり続けているほか、金属相場安で資 源株が売られた。

アルミニウム生産で中国最大手の中国アルミ(チャルコ、2600 HK) は2%安。6品目で構成するロンドン金属取引所(LME)の指数は 5日、2.5%安と3日連続で下落した。

時価総額で中国最大の銀行、中国工商銀行(ICBC、1398 HK) は1.8%安。中国建設省傘下の不動産会社、中国海外発展(688 HK) は1.1%安下げた。中国国有の複合企業、華潤創業(チャイナ・リソ ーシズ・エンタープライズ、291 HK)は2.3%下落。

沖合石油探査で中国最大手の中国海洋石油(Cnooc、883 HK) は1.7%安。英石油・ガス探査会社タローオイルが保有するウガンダ の鉱区権益を最大25億ドル(約2200億円)で取得する計画との英紙 報道が嫌気された。

ハンセン指数は前週末比114.19ポイント(0.6%)安の19550.89 と、昨年9月2日以来の安値で終了した。ハンセン中国企業株(H株) 指数は同1.3%安の10989.19と、同年7月16日以来の安値引け。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE