ECBノボトニー氏:ユーロ圏の国債利回り格差、思惑でリスク誇張

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は、ユーロ圏内の国債 の利回り格差は、思惑によりリスクが誇張された影響を受けていると の見解を示した。オーストリア紙ウィーナー・ツァイトゥングがイン タビューを基に報じた。

同紙によると、ノボトニー総裁はギリシャの財政問題を引き合い に出し、同国は「秩序を回復させる」必要があると語った。

同総裁はまた、ユーロ圏では資産価格バブルのいかなる兆候も見 受けられないと述べたという。

同紙によれば、ノボトニー総裁は金融業界に対する新規制の実施 ペースが「あまりに遅くなる」ことを懸念している。より厳格な規制 が景気回復を阻害してはならないとの見解も同時に示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Christian Vits in Frankfurt at +49-69-92041-341 or cvits@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Zoe Schneeweiss at +43-1-513-2660-13 or zschneeweiss@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE