PIMCOエルエリアン氏:ブラジル債と人民元先物が有望

債券ファンド大手、米パシフィッ ク・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の共同最高投 資責任者(CIO)、モハメド・エルエリアン氏は、新興市場資産へ の投資を推奨した。新興市場経済の成長と富の拡大は先進国・地域 を上回ると予想した。

同氏は8日、シドニーでブルームバーグテレビジョンのインタ ビューに応じ、ブラジル国債と中国人民元先物(ノンデリバラブル・ フォワード=NDF)を有望視していると語った。同氏はまた、欧 州連合(EU)中最悪の財政赤字を抱えるギリシャは国外からの資 金が必要になるだろうとの見方も示した。

エルエリアン氏は、PIMCOのポートフォリオマネジャーら がリスクの高いポジションを解消しつつあることも明らかにした。 同氏は2010年の成長が平均を下回るとともに、世界経済における米 国の役割が低下するとみている。

エルエリアン氏は「質の向上を進めている。高リスク・高利回 り銘柄の一部を売っている」と語った。

米経済については、今後半年の堅調の後、拡大ペースが鈍化す るとの見通しを示した。オーストラリア準備銀行(RBA)主催の シンポジウムで訪れたシドニーで記者団に、米国は他の諸国に比べ 投資家のリスク回避の影響を乗り切りやすいだろうと語った。「準備 通貨を持っていることは大きい」とし、懐が深く予想のつきやすい 金融市場も米国の強みだと指摘した。

PIMCOの新興市場共同責任者、マイケル・ゴメス氏は、ブ ラジル債を主要7カ国(G7)の大半の国債よりも有望視するとと もに、中国が今年、人民元相場の管理を緩和し、元高を容認すると の見方を示している。

エルエリアン氏はこの日の記者会見で、中国経済が今後数年間 は6%以上の成長率となるとの見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE