サカタイン株5カ月ぶり高値、コスト削減が想定以上進展-業績増額

印刷インキ国内3位のサカタインク ス株が午後の取引で急上昇。一時前週末比9%高の411円と2009年9 月10日以来、約5カ月ぶりの高値水準に戻した。コスト削減が計画以 上に進展していることなどを理由に今期(10年3月期)業績予想を増 額修正したため、買い注文が集まった。

同社が8日午後1時に公表した修正業績予想によると、本業のも うけを示す連結営業利益は前期比4.5倍の34億円になる見込み。海外 を中心に売上高も伸びている上、コスト削減で収益性も向上、前回予 想(26億円)から8億円の増額修正となった。

会社側の新しい1株利益(EPS)予想は47円92銭で、東洋経 済新報社の『四季報』10年新春号の33円を45%上回った。

同時に公表された9カ月累計(09年4-12月)決算は、連結営業 利益が前年同期比2.6倍の27億円に増大し、営業利益率は3.2%と前 年同期から2.1ポイント改善した。売上高は同9.7%減の856 億円と 景気低迷の悪影響を受けたが、北米の工場統廃合やグループ経費の圧 縮などで収益性が良くなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE