英スタンダード銀、香港の富裕層部門で今年500人増員を計画

英スタンダードチャータード銀 行は今年、香港の富裕層部門で500人を増員する計画だ。

同行への取材に対し、広報担当者は電子メールで8日、新たに 採用される人員の大半は「最前線」に立つ社員になると回答した。 香港紙、東方日報は同日、富裕層部門のゼネラルマネジャー、傅敏 儀(シンディー・フー)氏の話を引用して、この採用計画を報じて いた。

スタンダードチャータードやHSBCホールディングスなどの 金融機関は、アジアでの富の拡大を見込み、香港でプライベート・ バンカーの拡充を進めている。HSBCは昨年8月に、香港の富裕 層部門で営業担当者を最低100人採用する計画を明らかにした。

香港政府統計処が先月19日に発表した労働力人口統計では、 2009年10-12月の失業率が4.9%と11カ月ぶりの低水準となっ た。香港で銀行業の雇用は、世界的な金融危機のさなかに大幅に削 減されたものの、株式市場の回復に伴い昨年、増加に転じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE