中台貿易交渉、米の武器売却の影響受けず-海峡交流基金会の江理事長

台湾の対中窓口機関である海峡交流 基金会の江丙坤理事長は、米国が64億ドル相当の武器を台湾に売却する 計画により、中台の通商協定に関する交渉が影響を受けることはないと の認識を示した。

同理事長は8日の会見で、「これは新しい問題ではない。今のとこ ろ、交渉に影響を及ぼすとはみていない」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE