不二油株が続伸、アジア利益成長で来期増益を期待-CS証が格上げ

油脂最大手、不二製油の株価が前週 末比5.5%高の1365円まで続伸。アジア市場が予想以上に好調なこと から、今期(2010年3月期)業績予想を上方修正した。アナリストの 間では来期(11年3月期)も増益が見込めるとの見方が広がってきた。

不二製油は5日の取引時間終了後、今期の連結営業利益予想を前期 比52%増の175億円と、従来計画と比べ25億円増額した。修正数字は ブルームバーグ・データに登録されたアナリスト7人の事前予想の平均 156億円を上回った。海外では油脂部門のアジア、欧米子会社が引き続 き堅調に推移するうえ、国内では製菓・製パン素材の拡販や大豆たん白 部門でのコスト削減が寄与する。

クレディ・スイス証券は5日付で、不二油の投資判断を「中立」か ら「アウトパフォーム」に、目標株価を1450円から1580円にそれぞれ 引き上げた。担当の沖平吉康アナリストは投資家向けのメモで、「東南 アジアの現地市場向け事業が予想以上に堅調」と指摘する。

CS証はこれまで、来期は海外の利益成長では国内のデフレの悪影 響を吸収しにくいとみてきたが、東南アジア向け製菓製パン事業や脂肪 酸の販売数量が予想以上に堅調なことを受けて、来期の営業利益予想を 181億円と、今期からさらに伸びるとの見通しに修正した。これまでの 予想は150億円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE