米鶏肉業界団体、中国の反ダンピング措置に「深い失望」

米国の鶏肉業界団体が、同国産ブ ロイラー製品に対して最大105.4%の反ダンピング課税を適用する 中国政府の決定に「深い失望」を表明した。

米家きん鶏卵輸出協会(USAPEEC)は電子メールで配布 した5日付の発表文で、課税について、「予見し得る将来、米国の中 国への鶏肉輸出が事実上締め出されることになる」と指摘した。

中国商務省は5日、米国産ブロイラーの輸入業者に反ダンピン グ税の支払いを義務付ける方針を発表。市場水準を下回る価格での 販売により、国内供給業者が「深刻な打撃」を受けたことが調査の 結果判明したためと説明している。課税は13日から実施する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE