CITICキャピタル:新たな中国ファンドで830億円調達(Update1)

中国の政府系ファンド、中国投資 (CIC)が40%出資する香港のCITICキャピタル・ホールディ ングス(中信資本)は、中国企業に投資する同社2本目の買収ファン ドで9億2500万ドル(約830億円)を調達した。

同ファンドは消費者と製造業界への投資に特化。同社の発表資料に よると、調達額は当初目標の7億5000万ドルを上回った。広報担当の シンディ・タム氏によれば、2007年4月に立ち上げた最初の中国ファ ンドでは予定を70%上回る4億2500万ドルを調達した。

ユアン・タイPRCアターニーズの国際ビジネス・グループ責任者 ヒューバート・ツェ氏は「中国で最近、景気抑制措置が取られたにも かかわらず、投資家はなお同国のプライベートエクイティ(未公開株、 PE)市場に非常に強い自信を持っている」と指摘。「一部中国ファン ドの財務体力が強まっている。中国だけでなくアジアのPE市場でも 主要なプレーヤーになった」との見方を示した。

タム氏によると、CITICキャピタルの最初の買収ファンドは、 米投資会社ウォーバーグ・ピンカスと水圧式クローラークレーン中国 最大手の撫順掘削機製造とともに、中国医薬品最大手ハルビン・ファ ーマシューティカル・グループ(哈薬集団)の株式を取得。中国大手 菓子メーカー、冠生園(集団)にも投資した。

CITICキャピタルの設立は02年。中国内外の投資家から調達 した30億ドル超の資金を運用している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE