NZ:1月の住宅価格、4カ月連続上昇-主要都市での需要拡大で

1月のニュージーランド(NZ) 住宅価格は4カ月連続で上昇した。経済がリセッション(景気後退)か ら脱却するなか、主要都市での需要拡大が寄与した。

政府機関のクオータブル・バリュー・ニュージーランドが8日電 子メールで発表した資料によると、1月の住宅平均価格は前年同月比

4.4%上昇。12月は同2.8%上昇だった。主要17都市での1月の価格 は6.2%上昇した。

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)のボラード総裁が今年半 ばから利上げに踏み切るとの見通しから、住宅価格の上昇は抑制され る可能性がある。

クオータブル・バリューの住宅評価担当マネジャー、グレンダ・ ホワイトヘッド氏は、1月の市場の動きは「まばら」だったとし、住 宅を売りに出した所有者の数が減少したと説明。「金利や雇用、不動 産価格動向の先行きに対する不透明感から、市場ではますます決断で きずにいる兆候がある」と指摘した。

住宅平均価格は前月比では1.7%上昇した。12月は同2.9%の値 上がりだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE