ホンダ:ハイブリッド車のブレーキに苦情はない-北條氏

国内2位の自動車メーカー、ホンダ は8日、ハイブリッド車「インサイト」と「シビックハイブリッド」 について、ブレーキへの苦情は来ていないことを明らかにした。北條 陽一取締役がブルームバーグ・ニュースのインタビューで語った。

トヨタ自動車の新型「プリウス」にはブレーキが利きにくいとい う苦情が出ている中で、北條氏は、ホンダのハイブリッド車に対して 「市場から不具合はあがってない」と述べた。

一方、トヨタの大規模リコールの要因となった米CTSのアクセ ルペダルについて、ホンダも一部車種で採用していることを明らかに した上で、「構造や材料が違うのでまったく問題ない」と強調した。具 体的には、水分がついて膨張するような樹脂材を使ってないと述べた。

また、ホンダが海外で販売したコンパクトカー「フィット」など のパワーウインドーに不具合が見つかったことに関し、北條氏は日本 国内で販売している車種について「構造が異なり、問題はない」とあ らためて強調した。

この不具合に関してホンダは英国、米国、カナダでそれぞれリコ ール(無料の改修・修理)を届け出たほか、アジアや南米、南アフリ カでもリコールに準じた措置を行う。対象台数は約64万6000台で、 対策費用について北條氏は「数億円で済む話ではない。2ケタの億円 にはなる」との見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE