サントリー:比率決裂ならキリンHとの統合白紙、午後会談

サントリーホールディングスはキリ ンホールディングスと続けている経営統合交渉で、自身が望んでいる統 合比率に歩み寄りがなければ交渉を白紙撤回する可能性がある。サント リー首脳が明らかにした。

昨夏に開始したキリンHDとの統合交渉でサントリーは、キリンH D1株に対してサントリー株約0.9という統合比率を求めてきた。サン トリー創業家の資産管理会社が、統合新会社の3分の1超の株式を保有 できる統合比率を望んでいる。

サントリー首脳は匿名を条件にこの日、サントリー佐治信忠社長と キリンHD加藤壹康社長が午後に会談する予定を明らかにした。その上 で、この統合比率について歩み寄りがなければ統合交渉を打ち切る可能 性を示唆した。キリン広報担当の河崎元氏はこの点について「コメント できない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE