SMC株が反発、需要環境回復で営業利益予想を倍額-格上げも

電子・空気バルブなどの制御機器を 製造するSMCの株価が反発。同社は5日、需要環境の回復を理由に今 期(2010年3月期)の業績予想を上方修正すると発表。本業のもうけ を示す連結営業利益が従来計画から倍増する見通しとなったことが評価 されている。株価は前週末比2.7%高の1万1350円で取引を開始した。

新しい営業利益予想は180億円。同時に発表した09年4-12月期 の営業利益は120億円(前年同期比78%減)で、会社側の従来予想の 90億円をすでに上回っていた。

同社広報室の森山尚人室長は「アジアを中心に海外市場が好調なう え、国内では半導体向けの立ち上がりが早い」と語った。景気の二番底 の影響を警戒していたが、「顕著な下げにならなかった」ことも計画を 上回る要因になったという。

バークレイズ・キャピタル証券は5日付で投資判断を「イコールウ エート」から「オーバーウエート」に引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE