中国:江蘇省が最低賃金引き上げ、インフレ懸念台頭-FT紙

中国2位の輸出規模を誇る江蘇省が 最低賃金の引き上げを決めたことで、他の省や市も近く追随するとの 期待が高まり、インフレ懸念が台頭している。英紙フィナンシャル・ タイムズ(FT)が報じた。

同紙によると、江蘇省は先週、月間最低賃金を13%引き上げた。 変更は2年ぶりという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Victoria Batchelor in Sydney at +61-2-9777-8674 or vbatchelor@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Tim Smith at +61-2-9777-8678 or tsmith58@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE