日経平均2カ月ぶり1万円割れ、円高警戒で輸出中心売り-キリン急落

東京株式相場は3日続落し、日経平 均株価は約2カ月ぶりに1万円の大台を割り込んだ。欧州諸国の財政リ スクから為替市場での円高警戒が根強く、精密機器や電機、ゴム製品な ど輸出関連株が業績懸念で安い。サントリーホールディングスとの経営 統合交渉が決裂したキリンホールディングスは急落した。

りそな銀行アセットマネジメント部の黒瀬浩一チーフ・ストラテジ ストは、「ギリシャ問題は同じ欧州連合(EU)のラトビアと同様の緊 縮財政方式で最終的にEUが救済することは分かっていても、そのタイ ミングが不透明なことが不安につながっている」と指摘。その時期は早 ければ1週間、遅くとも1カ月程度が予想され、足元の株価下落でこの 問題は8割程度織り込まれつつあるとの認識を示した。

日経平均株価の終値は前週末比105円27銭(1.1%)安の9951円 82銭と、終値では昨年12月10日以来の1万円割れ。TOPIXは

8.77ポイント(1%)安の883.01。

東証1部の業種別33指数は29業種が下落し、上昇は電気・ガス、 証券・商品先物取引など4業種。ゴム製品、精密機器、食料品、電気機 器、石油・石炭製品などの下落率が大きかった。値下がり銘柄数は 1155、値上がり396。

欧州の財政リスクや米国の金融規制、アジアの金融引き締めなどに 対する不透明感は週明けになっても晴れず、買い材料は良好な企業業績 に限定された。内需関連中心にいったんは株価指数がプラスに浮上する 場面もあったが、午後はじり安展開。東証1部の売買代金も1兆2919 億円と今年3番目の低水準だった。売買高は同19億9663万株と4営業 日ぶりの20億株割れ。

先週末の米国株市場では、EUがギリシャとスペインの財政赤字対 策を打ち出す可能性があるとの観測が広がったことなどから、米ダウ工 業株30種平均は10ドル(0.1%)高と3日ぶり小幅反発した。ただ、 4日の下げ(268ドル、2.6%)に比べた戻りは限定的で、欧州諸国に 対する目立った好材料は週末には見られなかった。

為替市場では、円が対ユーロで121円台と5日の東京株式市場終値 時点(122円70銭)に比べ円高で推移。為替への警戒に加え、先週末 の米国株の上昇についても「週末を控えて対策警戒によるショートカ バー(買い戻し)の色彩が強く、再度売り直される可能性もある」と、 三菱UFJ証券の藤戸則弘投資情報部長は警戒感を示していた。これら の影響で輸出関連株は終始軟調、欧州地域での売り上げ比率が高い精密 機器指数は、東証1部の業種別下落率で2位となった。

食料品指数も業種別下落率で3位と下げが顕著だった。統合新会社 に移行する際の統合比率などで一致せず、サントリーとの統合交渉が決 裂したキリンHDは、失望売りから午後に急落。業界再編期待の後退か ら、アサヒビールやサッポロホールディングスなど食品株はビール株中 心に午後はじり安となるものが増えた。

10年3月期10%増益も

一方、新光総合研究所によると、先週末5日での東証1部上場企業 (除く金融)の2010年3月期の経常利益計画は前期比8%増と、昨年 11月の第2四半期終了時点の2.3%増から増益率が拡大している。マ ネックス証券の羽賀誠チーフ・ストラテジストは「今期経常利益は最終 的に10%増益の可能性があり、株価は業績改善を織り込んでいない」 との見方を示していた。

個別の材料銘柄では、10年3月期の当期利益予想を上方修正した パナソニックが、シティグループ証券が増額幅は予想ほどではないなど として投資判断の「売り」を継続し、3日続落で今年に入ってからの安 値を更新。09年4-12月期連結営業利益が前年同期比28%減となった アシックス、10年3月期の連結赤字額が拡大する見込みになったカシ オ計算機も急落。

半面、販売好調などから10年3月期の連結純損益が赤字予想から 一転黒字予想となったケーヒンが急伸。決算を受けて野村証券が投資判 断を上げた日本光電、10年3月期の営業利益予想を引き上げたIHI も高い。4-12月期の連結純損益が169億円の黒字に転換したセガサ ミーホールディングスは反発。

新興市場は続落

新興市場は続落。ジャスダック指数の終値は前週末比1.6%安の

49.42、東証マザーズ指数は2.6%安の387.35とそれぞれ4日続落。大 証ヘラクレス指数は0.3%安の556.36と続落。

個別の材料銘柄では、10年12月期の連結営業利益が36%減益予想 のザインエレクトロニクスが、値幅制限いっぱいのストップ安となり、 なお6000株超の売り注文を残した。KDDIが株式取得を3分の1未 満に抑える検討に入ったジュピターテレコム、10年3月期の利益予想 を引き下げたミクシィもそろって急落。売買代金上位ではデジタルガ レージ、グリーも安い。

半面、4-12月期の単独営業利益が前年同期比44%増となったユ ビキタスがストップ高。売買代金上位ではベルパーク、フリービット、 ガンホー・オンライン・エンターテイメントが高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE