元モルガンSのM&Aのベテラン、ザオウイ氏が会社設立検討-関係者

米モルガン・スタンレーで21年 間にわたりM&A(企業の合併・買収)助言業務に携わったマイケ ル・ザオウイ氏(53)は、年内にも自身の会社を立ち上げる見込み であることが、事情に詳しい複数の関係者の話で明らかになった。 同氏は世界最大の製鉄会社の誕生となった2006年のオランダのミ タル・スチールによるアルセロール買収で助言役を務めた。

関係者によると、同氏はモルガン・スタンレーでアルセロール 買収など欧州最大級のM&Aの助言に携わり、欧州M&A部門会長 だった2008年に同社を退職。その後も、フランスの建設資材会社 ラファルジュなど主要な欧州顧客との関係を維持していたという。 最近はラファルジュのブルーノ・ラフォン最高経営責任者(CEO) によるポルトガルのセメント会社の株式売却に関与していたと、関 係者の1人は匿名を条件に明らかにした。

関係者らによると、同氏はモルガン・スタンレー退職後、大手 金融機関には勤務しておらず、現在は企業に属さない形のほかの取 引で顧問業務に携わっており、年内にも自身の会社を設立する可能 性がある。ラファルジュの広報担当者クレア・マティユ氏は、ザオ ウイ氏の同社に対する助言業務に関してコメントを控えた。ファイ ナンシャル・ニューズは、ザオウイ氏がラファルジュのCEOによ る株売却の助言役に起用されたと報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE