中国商務次官:人民元相場の「小幅変動」容認も

中国商務省の鐘山次官は、同国政 府が人民元の上昇容認を求める圧力に直面しているとした上で、国内 外の経済状況次第で、人民元の「小幅変動を容認する可能性がある」 と言明した。

同次官は8日に英国のバーミンガムでのイベントで記者団に対し、 「現在の公式な姿勢は、人民元の安定を基本的に維持するというもの だ」とした上で、「小幅な変動を容認する可能性があるが、すべては 中国と世界の経済状況次第だ」と語った。

鐘山次官は「人民元の上昇を求める重圧を受けている。しかし、 われわれは人民元の安定が中国と世界の両経済にとって好ましいと確 信している」と言明。中国は人民元の変動が大きくなり過ぎることを 望んでいないと付け加えた。

中国人民銀行(中央銀行)の朱民副総裁は1月27日、同国の 「安定的な」人民元政策を擁護。また中国の温家宝首相は昨年12月、 人民元上昇の要請に「絶対に屈しない」との方針を明らかにしていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE