トヨタ:「プリウス」対策を今週早くに明確化と米ディーラーに通知

自社最大規模の米国でのリコール (無料の回収・修理)問題に取り組むトヨタ自動車は、米ディーラ ーに対し、ハイブリッド車「プリウス」の新型モデルのブレーキを めぐる問題へのより具体的な対応策を今週の早い時期に明らかにす る予定だと通知した。

トヨタ米販売部門の広報担当、ジョン・ハンソン氏は6日、「わ れわれは5日にディーラーにあてた短い書簡で、8日からの週内に プリウスに関する当社の計画のより具体的な情報を提供できると考 えていると伝えた」と述べた上で、「ディーラーのもとには心配する 顧客から問い合わせが寄せられていることは十分承知しており、わ れわれは可能な限り多くの情報をできるだけ早く提供しようと努め ている」と説明した。

同氏によると、世界最大の自動車メーカー、トヨタはディーラ ーに対して、プリウス改修に関する正式「発表」を行うとは伝えて おらず、まだリコールが必要かどうかも決定していない。

トヨタが新型プリウスのリコールを実施した場合、トヨタの品 質に対する疑いがさらに深まる見込みだ。同社は昨年11月以降、急 加速の問題に関連して米国ですでに乗用車とライトトラック計560 万台をリコールしている。

日経英文ニュースは、トヨタが日米で計27万台のプリウスを対 象にブレーキシステムのソフトウエア改修でリコールを実施すると 報じた。トヨタはこの報道を確認していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE