最も読まれた日本語記事(前週)-首位は「米ダウ平均1万ドル割れ」

前週(1月31日-2月6日)に最も 読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の通り。 {JREAD}画面に基づき7日夕刻時点で集計(番号をクリックすると記事 が表示されます)。

1.米国株:ダウ平均は一時1万ドル割れ-米欧経済に暗雲 2.日本株は今年安値、全銘柄の9割下げる-欧州財政問題発円高警戒 3.【経済コラム】ゴールドマンへの怒りはこうして鎮めよ 4.ベルギーのKBC:日本の証券子会社売却へ、複数候補と交渉 5.野村のバンカーをイタリア当局が調査、デリバティブ取引-関係者 6.日本株反落、リコール問題で揺れトヨタ大幅安-投資家心理に打撃 7.ボルカー氏:ヘッジファンド、繁栄も破たんも自身のリスク 8.ゴールドマンなど金融大手ボーナスに50%課税、米上院議員法案 9.【経済コラム】日本よ、残念がっている場合ではない 10.野村HD:10-12月期は102億円の黒字確保-引き受け好調で

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE