G7は銀行への保険料課金で合意近い、IMF報告後に判断-英当局者

カナダのイカルウィットで開かれ た7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では、今後銀行が破た んした際のコストを賄うために金融機関に保険料を課金することで 各国財務相の合意が醸成されつつある。英当局者が明らかにした。

経済協力開発機構(OECD)によると、世界の政府や中央銀行 が金融業界を支援するために投入した資金は11兆ドル。政策当局者 は公的資金を使用することなく今後の企業救済資金を準備できる方 策を検討している。

匿名を条件に話した英当局者によると、G7の財務相や中銀当局 者らは銀行への保険料課金案について、4月に発表される国際通貨 基金(IMF)の報告書を待ってから判断する意向だ。世界規模で 導入できる内容でなければ課金案は採用されない可能性があるとい う。

-- Editors: Mark Rohner, Ann Hughey.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Gonzalo Vina in Iqaluit, Canada at gvina@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Hertling at +33-1-5365-5075 or jhertling@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE