台湾エイサー:OS「アンドロイド」搭載の携帯端末販売、予想上回る

世界2位のパソコン(PC)メーカ ー、台湾のエイサー(宏碁)は、米グーグルが開発した基本ソフト(O S)「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(多機能携帯端末)の 販売が予想を上回っていることを明らかにした。「Liquid(リキッド) 」の名称の同端末は品薄状態にあるという。

ジャンフランコ・ランチ社長は5日、インタビューに応じて「リ キッドは当社の予想をはるかに超える好調さを見せている」と語り、 「そのため、若干供給不足の状態にある」と説明した。

同社はタッチスクリーン型の同端末を昨年10月に発表。ランチ社 長によると、同社は3月末までに25万台以上の出荷を見込んでいる。 当初見通しは15万-20万台だったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE