NY金(5日):3カ月ぶり安値、ドル上昇で需要減-1052.80ドル

ニューヨーク金先物相場は続落。 ドルの上昇を背景に代替投資としての金への売りが継続し、3カ月ぶり 安値まで下げた。

ユーロはドルに対して8カ月ぶり安値まで下落。ギリシャやスペ イン、ポルトガルの財政赤字をめぐる懸念を背景に、ユーロ売りが広 がった。金は週間ベースで4週連続で下げ、過去10週間で9度目の下 落となった。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアマーケ ット・ストラテジスト、トム・シュウィアー氏は、「ドル上昇の勢 いは増すばかりだ。金は投資家が再び持ち高を積み増すまでには、さら に20-40ドル下げる可能性がある」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比10.20ドル(1%)安の1オンス=1052.80ドルで取 引を終了した。一時は昨年11月2日以来の安値となる1044.50ドル まで下げた。週間ベースでは2.9%安。過去1年の上昇率は15%に縮 小した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE