米カンザスシティー連銀総裁:雇用の回復ペースは緩やかに

米カンザスシティー連銀のホーニグ 総裁は、今年は3.25%前後の経済成長を遂げると予想しながらも、雇用 の回復ペースは緩やかなものにとどまるとの見方を示した。

同総裁はPBSテレビの番組「ナイトリー・ビジネス・リポート」 でのインタビューで「米国の雇用の伸びは緩やかなものにとどまるが、 年を通じて着実に改善すると思う」と発言した。「しかし、急速な回復 は予想していない」とも述べた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)で、「長期にわたり」低金利を 維持するとの文言に異を唱えたことについては、政策に幅を持たせるこ とを望んだためだと説明。「当局は可能な限り幅広い選択肢を有するべ きだと考える」と話した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE