トヨタ社長:一連のリコールでおわび-早期信頼回復に努力

トヨタ自動車の豊田章男社長は5日 夜、名古屋の本社での緊急会見で、複数の地域・モデルでリコール(無 料の回収・修理)が発生し、ご迷惑、ご心配をかけたと、おわびした。 また、「少しでも早くお客様の信頼を回復できるよう努力する」とし、 不安の除去や信頼回復を優先する姿勢を表明した。

さらに、豊田社長は「全商品に品質で不安を与えるのはトップと して残念」と述べたほか、「私自身、大変大きな問題、危機的状況と思 っている」と語った。その上で、「一致協力してやっていくことが私の 使命」と強調した。

ハイブリッド車の新型「プリウス」のブレーキが利きにくいとの 苦情が出ていることに関して、豊田社長は、新車にはすでに改善策を 実施したほか、既販売車への対応は決まり次第知らせたいと述べた。 同席した佐々木真一副社長は「どのような処置がベストか精査中」と した。

また、豊田社長は一連の品質問題を受け、グローバル品質特別委 員会を設置することを表明。委員会ではリコールに至った経緯などを 再点検する。佐々木副社長は技術分室を増強することや、外部の専門 家から新たな品質マネジメント評価を受ける考えを示した。

さらに、豊田社長は、米運輸長官に対して「お客様第一に仕事を 進めている」と説明したと述べたほか、米当局からの指導には「全面 的に協力」する考えを示した。

トヨタの横山裕行常務役員は4日、新型プリウスのブレーキ問題 について、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が作動する ような路面状態で、ブレーキを踏んで利くまでに時間差が生じる現象 とし、「ブレーキを踏み増せば車は確実に止まる」と説明。また、苦情 の要因が「ABSの制御に関するものと分かったので、1月末に設計 変更を行った」と述べた。

前原誠司国土交通相は5日夕の閣議後会見で、トヨタについて「顧 客の視点がいささか欠如している」との見解を示した。また、平野博 文官房長官は同日の定例会見で「命にかかわる問題ですから、しっか りとして、まず一義的にはトヨタがしっかりやっていただくことだ」 などと述べた。

格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5日、 トヨタの長期格付けを「クレジット・ウォッチ」に指定したと発表。 一連の品質問題が流動的で、競争力や収益基盤などの悪影響増大リス クがあると指摘。ブランドイメージが低下し、販売動向や北米などの 主要市場で悪影響が長期化すれば格下げの可能性があるという。

--取材協力:堀江政嗣、松田潔社、広川高史、上野きより Editor: Hideki Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 小松 哲也 Tetsuya Komatsu +81-3-3201-3370 tekomatsu@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

井上 加恵 Kae Inoue +81-3-3201-8362 kinoue@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE