09年12月のドイツ鉱工業生産指数、前月比2.6%低下(Update1)

ドイツの鉱工業生産は2009年 12月に、事前予想に反して縮小した。欧州一の経済大国であるドイ ツの回復鈍化が示された。

ドイツ経済技術省が5日発表した2009年12月の同国の鉱工業 生産指数は、季節調整済みで前月比2.6%低下した。11月は0.7% 上昇だった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト32人の予想中 央値では12月は0.6%上昇と見込まれていた。12月の指数は前年 同月比では営業日数調整済みで7.1%低下した。

ナティクシスのエコノミスト、コスタ・ブルナー氏(フランクフ ルト在勤)は電話インタビューで「昨年に始まった力強い回復は長続 きしないだろう」とし、「刺激策が出尽くし製造業に悪影響を及ぼし ていることから、今後の鉱工業生産拡大余力は今までより弱いとみて いる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE