国交相:トヨタは顧客の視点いささか欠如-プリウス問題

前原誠司国土交通相は5日夕の閣議 後会見で、ハイブリッド車の新型「プリウス」のブレーキが利きにく いという苦情が出ているトヨタ自動車について「顧客の視点がいささ か欠如している」との見解を示した。

また前原国交相は、トヨタがリコール(無料の回収・修理)か、 自主改修といったサービスキャンペーンなどで対応するとは聞いてい る、と語った。

トヨタは4日、新型プリウスのブレーキの苦情に対し、リコール を含めた対応を検討していることを明らかにした。

また、トヨタの横山裕行常務役員は4日、新型プリウスの苦情に ついてABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が作動するよう な路面状態でブレーキを踏んで利くまでに時間差が生じる現象とし、 「ブレーキを踏み増せば車は確実に止まる」と説明。また、「1月末に 設計変更を行った」ほか、既販車に対しては「何らかの形の方策を現 在検討しており、なるべく早い時期に結論を出したい」とした。

平野博文官房長官は5日の定例会見で、新型プリウスのブレーキ をめぐる苦情への対応について「消費者の観点からやる場合は消費者 庁がやることだ」とし、「状況をよくみて、命にかかわる問題ですから しっかりとして、まず一義的にはトヨタがしっかりやっていただくこ とだ」などと述べた。

--取材協力:広川高史 Editor:Hideki Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 松田 潔社 Kiyotaka Matsuda +813-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Neil Denslow +85-2-2977-6639 ndenslow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE