1月の英生産者物価:出荷価格、3.8%上昇-08年来最大

1月の英生産者物価は、前年同月 比の上昇率が2008年以降で最大となった。原油やスクラップ金属の 値上がりに加え、英経済がリセッション(景気後退)から脱却したこ とが物価上昇につながった。

英政府統計局(ONS)が5日発表した1月の英生産者物価統計 で、出荷価格の指数は前年同月比3.8%上昇した。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト16人の調査の中央値では、3.7% 上昇が見込まれていた。前月比では0.4%上昇。

INGファインナンシャル・マーケッツのエコノミスト、ジェー ムズ・ナイトリー氏(ロンドン在勤)は、「将来的なインフレへの圧 力が高まりつつあるのは明らかだ」と述べた上で、「圧力が長く続く ことはないだろう。2年先までを視野に政策を決定するイングランド 銀行(英中央銀行)は、景気刺激引き揚げを今年は若干にとどめるべ きだと判断するだろう」と語った。

ONSによると、1月の統計では10項目中9項目で価格が前年 同月を上回った。最も大幅な値上がりだったのは石油製品で、スクラ ップ金属がこれに続いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE