欧州の財政赤字問題は投資家を「混乱に陥れた」-ファースト・メトロ

フィリピンのファースト・メトロ・ インベストメントのファンドマネジャー、エドゥアルド・バナーグ氏 は、米失業保険申請件数の増加やギリシャ、スペイン、ポルトガルの 財政赤字削減が難航するとの懸念の高まりを受けた株式相場の見通し について以下の通り発言した。同氏は株価の下落は「買いの好機」だ としている。

「米失業保険申請件数の数字は重要だが、株価下落の理由を説明 するには欧州情勢が原因とする方がはるかに信頼性は高い。スペイン はユーロ圏5位の経済で、欧州連合(EU)にとって問題解決は一段 と難しい」

「財政赤字拡大の問題は投資家を混乱させた。問題は解決してお らず、投資家の目の前にある。ソブリンリスク増大の脅威が大量の利 益確定を招いた」

「週単位や月単位で株価の動きを見ていない人にとって、今は買 いの好機だ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE