オリジン電株が午後急落、海外受注回復遅れ今期赤字拡大へ-無配に

電源装置、合成樹脂塗料などを手掛 けるオリジン電気株が午後に急落。一時前日比17%安の332円まで下 げた。同社はこの日の午前の取引終了後、今期(2010年3月期)業績 予想の下方修正を発表。連結営業損失は従来の5億円から10億円と赤 字幅が広がる見通しで、業況悪化を嫌気する売りが膨らんだ。

利益の下方修正は、海外での受注回復の遅れや、付加価値の高い 製品の販売鈍化が響くため。通期売上高計画も従来の275億円から255 億円に7%下振れる見込みだ。また配当は、従来計画で1株当たり年 3円としていたが、見送ることにした。前期実績は年5円50銭。

同社の榎本富士男経理部長はブルームバーグの取材に、「海外で塗 料が在庫調整一巡後に伸び悩んだ。付加価値の高い自動車やパソコン、 携帯電話向け塗料も低迷した」と説明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE