米商務長官:中小企業向け輸出支援を拡大、貿易障壁に強硬姿勢

ロック米商務長官は輸出倍増に向け た取り組みの一環として、中小企業に60億ドル(約5380億円)相当 の貿易金融を提供し、貿易相手国の参入障壁により強硬な姿勢を取る 方針を明らかにした。

同長官は4日、ワシントンのナショナル・プレス・クラブで講演 し、「この方針は他国による米国の国際競争力の低下を容認してきた経 済的な盲点を正すものだ」と述べ、「景気回復に向けた取り組みの中核 として、輸出を拡大しなければならない」と指摘した。

オバマ大統領は先週の一般教書演説で、雇用創出の促進とより持 続的な経済の構築のために輸出シェアを高めなければならないと言明。 米政府は輸出倍増で200万人分の新規雇用につながると指摘している。

同長官は政府目標の実現に向けた措置として、①米輸出入銀行を 通じた中小企業への資金支援を年間40億ドルから60億ドルに拡大す る②インドや中国、ブラジルなど急成長している国々での通商担当者 の増員③米国製品への不公正な貿易障壁に対する断固たる措置の実施 -の3点を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE