近鉄エク株4カ月ぶり下落率、期初落ち込み響き4-12月は3割減益

国際航空貨物混載の近鉄エクスプレ ス株が一時6.5%安の2220円と大幅続落、日中下落率は昨年10月2日 の6.6%以来、4カ月ぶりの大きさを記録した。航空貨物輸送は月を追 うごとに国内外各地域で増加傾向を見せるが、期初の大幅な減少を補い 切れず、4日に発表した2009年4-12月期(第3四半期累計)の連結営 業利益は前年同期比34%減の53億円にとどまった。前期比13%減の79億 円とする10年3月通期計画に対する進ちょく率は68%。また同社は、期 末配当について従来計画の1株当たり8円から17円に増額、年間24円配 とする意向を示したが、前期実績は年27円配だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE