FRB:総資産ほぼ変わらず、緊急プログラム終了で-週間

米連邦準備制度理事会(FRB)が 4日公表した3日終了週のバランスシート(貸借対照表)週間報告に よると、総資産は前週比ほぼ変わらずの2兆2500億ドルだった。短期 市場や債券ディーラー、海外中銀を対象にした緊急支援プログラムが 打ち切られたのが背景。

FRBは、2008年9月のリーマン・ブラザーズ・ホールディング ス破たんに続き、緊急融資や証券買い入れプログラムを通じてバラン スシートを1兆ドル超拡大。住宅ローン担保証券(MBS)や政府支 援機関(GSE)債、米国債の保有を増やした。

その後はプログラムの利用が徐々に縮小。連邦公開市場委員会(F OMC)は1月27日の定例会合後の声明で、6つのプログラムを打ち 切る計画をあらためて発表した。

3日現在、MBSの保有残高は前週比5億9900万ドル増の9703 億ドル。GSE債は9億8900万ドル増の1647億ドル。FOMCは27 日の声明で、MBSとGSE債の買い入れプログラムを当初発表通り 3月31日までに打ち切る方針をあらためて示した。

すでに終了しているコマーシャルペーパー(CP)ファンディン グ・ファシリティ(CPFF)のCP保有残高(額面ベース)は、前 週比変わらずの39億4000万ドルだった。過去最高は昨年1月21日終 了週の3500億ドル。

MFグローバル(ニューヨーク)の債券担当シニアバイスプレジ デント、ドン・ギャランテ氏は「金融危機を乗り越えた様子が示され た」とした上で、「しかし現在の問題は金融危機ではない。雇用や与信 状況など景気全般だ」と指摘した。

3日現在、各国中銀との通貨スワップ協定に基づくドル貸出残高 は7500万ドル減の1億ドル。新規貸し出しは2月1日付で打ち切られ た。過去最高は08年12月の5830億ドル。

3月8日に最後の入札が行われるターム・オークション・ファシ リティー(TAF)の商業銀行向け貸出残高は変わらずの385億ドル だった。過去最高は昨年3月の4930億ドル。

他のプログラムでは、債券ディーラー向けのターム物資産担保証 券融資ファシリティー(TSLF)と、資産担保CP市場とマネーマ ーケット・ファンド(MMF)に流動性を供給するプログラム(AM LF)がすでに打ち切られている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE