仏LVMH:09年は13%減益-10-12月期は増収、日本は18%減収

高級ブランド品最大手の仏LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの2009年通期決算は前年比13%減 益となった。リセッション(景気後退)で時計やシャンパンの需要が 落ちた。ただ、年末にかけて販売が盛り返したという。

同社が4日発表した資料によると、純利益は17億6000万ユー ロと、前年の20億3000万ユーロから減少し、ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたアナリスト16人の予想平均値17億8000万ユーロを 下回った。

10-12月期は、買収や為替変動の影響を除く本業の売上高が 1%増と、09年では初の四半期ベースでの増収となった。けん引役と なったのは新興市場で伸びたコニャック「ヘネシー」の需要や「ルイ・ ヴィトン」ブランドのアクセサリーの人気。12月単月の売上高は過去 最高水準になったという。

09年通期の売上高は0.8%減の171億ユーロ。買収や為替変動 の影響を除いたべースで4%減だった。為替の影響除く10-12月期 では欧州が3%減、米国は3%増。日本は18%減った。日本を除くア ジアは19%増。

決算発表は通常取引終了後。同社株価はこの日、前日比3.49ユ ーロ(4.3%)安の77.96ユーロで引けていた。

-- With assistance from Rudy Ruitenberg in Paris. Editors: Paul Jarvis, Chris Staiti.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 蒲原桂子 Keiko Kambara +81-3-3201-2359 kkambara@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Ladka Bauerova in Paris at +33-1-53-65-50-57 or lbauerova@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Celeste Perri at +31-20-589-8505 or cperri@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE