NY金:08年以来最大の4.4%安、ドル高で売り殺到-1063ドル

ニューヨーク金先物相場は2008 年以来の大幅安。ドルが上げ幅を拡大したことで、代替投資として の金買いが後退した。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE) のドル指数は昨年7月以来の高水準まで上昇。基軸通貨ドルへの需 要が強まったことが背景。この日は、ギリシャ、スペイン、ポルト ガルの債務をめぐる懸念の高まりを手掛かりに、世界的に株価が下 げた。また、商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCR B指数は昨年8月以来の大幅下落となりそうだ。

プロスペクター・アセット・マネジメントのレナード・カプラ ン 社長は「金の急落は驚くほどだ。今やあらゆる市場がリスク許 容度の尺度となっている」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物 4月限は前日比49ドル(4.4%)安の1オンス=1063ドルで 取引を終了。下げ幅は2008年12月1日以降で最大。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE