三菱重:南アのPBMRと合意、原子炉建設の共同開発検討で

三菱重工業は南アフリカ共和国の 原子炉開発会社ペブル・ベッド・モジュラー・リアクター(PBMR) と、小型原子炉の共同開発を検討することで合意。今後は具体的な 「協力分野を調整していく」と明らかにした。

PBMRは4日、「両当事者はプロジェクト、もしくは提携の可能性 があるプロジェクトの確立に向け交渉する」とウェブサイトで発表した。 三菱重工は同社のウェブサイトで、南アフリカの自動車燃料生産会社サ ソールが潜在顧客の1社だとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE